So-net無料ブログ作成

不毛地帯の近畿商事や壱岐正のモデルって誰?

不毛地帯の近畿商事や壱岐正のモデルって誰?

山崎豊子の小説「不毛地帯」の主人公である壱岐正には
実はモデルがいました。


その人は太平洋戦争時には大本営で作戦参謀を務め、
戦後は伊藤忠商事で活躍すると共に、政界の影の
キーマンにまで上り詰めましたひとです。

まさにドラマの主人公です。
名前は、瀬島龍三といいます。

瀬島氏の行為に対する評価には賛否両論ありますが、
彼が戦後日本において多大なる影響を与えた一人です。

どのくらいすごいかというと中曽根政権では、
第二次臨時行政調査会の委員を務めたのです。


そしてこの時、政官財の利害対立の調整に動き

つづき⇒不毛地帯の主人公、「壱岐正」のモデルって誰?


ということは近畿商事のモデルは、瀬島龍三さんが
勤務していた伊藤忠商事ということになります。

それにして山崎豊子さんの取材力は
すばらしいですね。

ご冥福をお祈りします。



スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。